ニュース 比較

UQモバイルの新料金プランはおすすめ?楽天やワイモバイルと比較

2020年6月1日より、UQモバイルの新料金プラン「スマホプランR」が開始されました。

話題の楽天モバイルに対抗したプランとの事ですが、実際はどうなのでしょうか。

よく比較されるワイモバイルとも比べてみましょう。

 

新料金プランはおすすめ!

結論から言うと、 UQモバイルの新料金プランはおすすめです。

6月からの料金プランを見てみましょう。

従来あったスマホプランM(9GB)が廃止され、新たにスマホプランR(10GB)が誕生しました。

旧プランとは価格は同じで、 容量が1GB増えて容量超過時や高速通信オフ時の低速モードでも最大1Mbpsでの通信が可能となります。

 

従来プランの低速モード時300Kbpsから1Mbpsに大幅に高速化しました。

これは、 低速モード時でもサイトの閲覧や軽い動画の再生くらいであれば、許容範囲内の速度で視聴できるのではないかと思われます

ここが今回の一番大きな変更点ですね。

UQモバイルはこちら

 

楽天モバイルとの比較

今回、UQモバイルが新料金プランで意識したという楽天モバイルとの比較です。

 

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の料金は、UQモバイルの新料金プランと同じ2980円(現在1年目は無料)です。

楽天モバイルの最大のメリットは、 自社エリア内であればほぼデータ使い放題という部分になります。(1日10GBの制限あり)

ただし、現状では楽天モバイルの自社エリアは非常に狭く、エリア外であればUQモバイルと同じKDDIの回線を使用します。

KDDI回線を使用するエリアでは月間容量5GBとなり、UQモバイルと比べると半分になってしまいます。

 

UQモバイルとしては、KDDI回線エリアでの優位性を確保した形ですね。

また、UQモバイルだと複数回線契約時に2台目以降は500円の割引が入るので、 家族で使用する場合などにはUQモバイルの方が安くなります

 

あくまで現状のお話なので、今後楽天モバイルのエリアが広まったり、 楽天モバイルのエリア内での利用がメインの方には楽天モバイルの方がおすすめです。

楽天モバイルはコチラ

 

ワイモバイルとの比較

続いてワイモバイルとも比較してみます。

ワイモバイルの場合、「スマホベーシックプランM」が類似のプランになります。

UQモバイル ワイモバイル
月額料金 2980円 3680円
データ容量 10GB 9GB
低速時速度 1Mbps 128Kbps
通話料金 20円/30秒 10分以内無料

上記はUQモバイルの「スマホプランR」とワイモバイルの「スマホベーシックプランM」を比較した表になります。

通話料金はワイモバイルの方がお得に見えますが、UQモバイルも700円の追加オプションで10分以内かけ放題にできます

つまり、ワイモバイルのプラン料金と同じになるわけですね。

 

こうしてみると、今回の新料金プランがワイモバイルも意識していることが分かります。

 

参考

ワイモバイルも2020年7月より「スマホプランR」がデータ容量10GB、低速時速度1Mbpsに変更されると発表されました。

 

ワイモバイルはコチラ

 

まとめ

以上のように、 UQモバイルの新料金プランは非常におすすめ出来るものになっております。

ただ、消費者としてはあと少しでも安くして競争意識を煽ってほしいとも感じる価格設定でした。

今後の他社の動きにも注目ですね。

UQモバイルはこちら



-ニュース, 比較

© 2020 UQスクール