アイテム 運営

個人事業主なら屋号入りの銀行口座を開設しよう!事業用にもネット銀行が便利

スポンサーリンク

こんな方におすすめ

  • 個人事業主として独立したけど銀行口座はどうしよう
  • 事業用とプライベートの口座は分けた方がいいの?

独立して個人事業主になれば、事業に使う銀行口座をどうすべきか悩みますよね。

結論から言えば、あなたが複数の銀行口座をお持ちであれば、そちらを使用しても問題ありません。

ただし、事業用の口座とプライベート用の口座は必ず別々に使うようにしましょう。

消耗品などの経費と生活費を分けて管理するためです。

同一の口座を使ってしまうと、どれが経費でどれが生活費かの区別がややこしくなるので、確定申告のための経理にも余計な時間を要してしまいますよね。

事務所の賃料や光熱費の引き落としは事業用口座、家や車のローンなどはプライベート口座という風に使い分けるようにしましょう。

 

ゆう

でも、せっかく開業したなら「お店の名前」の入った口座が欲しいかな…

しかし、事業用として新たに銀行口座を開設した方がメリットは多いです。

ここからは事業用として銀行口座を開設するメリットを紹介します。

 

事業用の銀行口座を開設するメリット

事業用の銀行口座を開設するメリットは大きく分けて3つあります。

事業用口座のメリット

  • 屋号付きの口座が作れる
  • freeeなどの会計ソフトと連携できる
  • 事業用のみの明細になる

 

屋号付きの口座が作れる

開業届提出後であれば、屋号入りの名義で銀行口座の開設が可能となります。

個人事業主の場合、名義は基本的に屋号+個人名です。

 

屋号入りの銀行口座を開設することにより、事業用としてのお金の管理がやりやすくなります。

また、顧客からの振り込みの際にも、個人名義ではなく屋号入りの口座の方が安心感を与えてくれますね。

ゆう

確かに振込先が個人の名義だと不安になるかも

 

freeeなどの会計ソフトと連携できる

freeeなどの会計ソフトと連携可能な銀行に事業用の口座を開設することにより、経理が楽になるというメリットもあります。

会計ソフトと連携させると、事業用口座に動きがあった際に自動で入力してくれるからです。

代表

経理の手間が省けますな

ジャパンネット銀行であれば、各種手数料も安くてfreeeとの連携も可能なのでおすすめです。

ジャパンネット銀行はこちら

 

事業用のみの明細になる

当然ですが、新規で銀行口座を開設するので、明細は全て事業用のものとなります。

例えば税理士などに明細を開示する場合であっても、プライベートでの明細を見られる心配もありませんね。

 

事業用口座ならジャパンネット銀行がおすすめ

事業用として新たに銀行口座を開設するのであれば、ジャパンネット銀行をおすすめします。

都銀や地銀に比べて振り込みや引き出しなどの各種手数料が安いからです。

ネット銀行なので、いつでも自宅のパソコンやスマホから明細確認や振り込み手続きなども可能。

VISAのデビットカードにも対応しているので、残高の範囲であればVISA加盟店での利用もできます。

年会費も無料で、もちろん会計ソフトfreeeとの連携にも対応しております。

ジャパンネット銀行のメリット

  • 各種手数料が安い
  • いつでも自宅にいながら手続き可能
  • VISAデビットカードに対応
  • ネット銀行でもトップクラスのセキュリティ
  • 会計ソフトfreeeとの連携にも対応

ジャパンネット銀行はこちら

 

事業用の口座は開設するべき

以上のように、事業用の口座は必須ではありませんが、開設した方がメリットが多数ありますね。

クレジットカードと違い年会費もかからないので、せっかくなら屋号入りの口座を開設することをおすすめします。

ジャパンネット銀行ならパソコンやスマホからでも申し込みが可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アイテム, 運営