会社に縛られず自分の裁量で仕事がしたい!

自分の培ってきた技術を生かして独立したい!

ゆう

会社員じゃなくて独立して働きたいんだけど、どうすればいいの?

代表

現役個人事業主のわたしが説明しましょう

独立といえば、自分で会社を設立して運営する方法と、個人で起業する方法があります。

ここでは個人で起業する、いわゆる個人事業主(フリーランス)になる方法から運営までをご紹介します。

個人事業主とは

個人事業主とは、会社に属さずに文字通り個人で事業を行う方を指します。

自営業やフリーランスと呼称する場合もあります。

個人事業主は会社ではなく個人なので、社長や取締役などといった肩書きで名乗ることはできません。

職種によりますが、一般的には代表や店長という肩書きを使用します。

個人事業主と一言でいっても、大きく分けて二通りあります。

全てを自分の力だけで仕事をするのがひとつ。

もうひとつは企業の看板やノウハウを借りて働く方法、いわゆるフランチャイズです。

代表

フランチャイズだとコンビニなどが有名ですね

フランチャイズの場合、基本的には売り上げの何割かを徴収されるかたちになります。

しかし、有名企業の看板で商売ができることは大きなメリットにもなります。

ゆう

消費者の立場からすると、できれば有名な企業にお願いしたいもんね

いずれにせよ、独立する前にはしっかりしたリサーチと職種選びを行うようにしましょう。

開業届を作成・提出しよう

開業する準備が整ったのならば、いよいよ開業届を提出します。

厳密にいえば、開業届を出さなくても事業は行えるのですが、開業届を出すことにより様々な恩恵を受けることが可能になるのです。

一番のメリットは確定申告の際に「青色申告」で申請ができることでしょう。

青色申告をすると確定申告の際の税金の控除を受けることができるのです。

つまり、事業主として節税の効果を得られるわけですね。

ゆう

開業するときには必ず開業届を提出しましょう

開業届の簡単な作り方

ここからは、開業届の作り方を紹介します。

とはいえ、今ではパソコンやスマホがあれば簡単に開業届も作れてしまいます。

以前までは税務署に行って書類をもらい、全て手書きで記入して…と手間でしたが、今ではそんな必要もありません。

自宅でサッと入力して、印刷した書類を封筒に入れて郵送するだけです。

郵送先の税務署の宛先も印刷されるので、それを切って封筒に貼ればOK。

一週間ほどで税務署から捺印された書類が返送されるので、これであなたは個人事業主になりました。

そんなことが無料で簡単にできるのが「freee株式会社」が提供している「(自由テキスト ※開業freee]というサービスなのです。

代表

10分程度あれば作れます

できれば屋号(たなか商店などの名称)は先に決めておきましょう。

後からでも屋号は決められますが、ここで入力しておいた方が後からの手間もかかりません。

更に、開業届の作成後に会計freee」に登録することで、個人事業主の経理から確定申告まで全ての処理が可能になります。

有料サービスですが、無料お試し期間もあるので是非使ってみてください

私も使っておりますが、非常に使いやすくておすすめですよ。

開業freeeはこちら

経理のやり方を決めよう

個人事業主になると、これまでは全て会社がやってくれていた処理も自分で行うことになります。

日々の帳簿から請求書や領収書などの書類の管理、果ては確定申告という業務も待っています。

これらを全て手作業でおこなうのは大変です。

余計な時間も取られてしまいますよね。

多少の費用はかかりますが、会計ソフトを使用する事をおすすめします。

代表

会計ソフトなら計算ミスもなく、確定申告の書類作成も簡単です。

会計ソフトはfreeeがおすすめ

会計ソフトにもいろいろありますが、いくつか試してみた結果、私は会計freeeをおすすめします。

直感的な操作でカンタンに使えるからです。

逆に簡単すぎて、簿記の知識のある方には弥生シリーズの方が馴染みやすいそうですが。

私のような「簿記ってなに?」という方ならば断然「会計freee」です!

会計freee」の料金プランは3種類ありますが、一番安いスタータープラン(月辺り税別980円)でも十分な機能を備えています

30日間は無料で使えるので試しに使ってみましょう。

会計reeeのメリット

開業届から確定申告まで簡単
スマホアプリでも入力可能
見積書/納品書/請求書の作成や印刷もできる
各種レポートも自動で作成

会計freeeはこちら

もっと詳しく個人事業主の経理はスマホでもできる!おすすめは会計freee

個人事業主になったけど帳簿とかどうすればいいの? 確定申告なんて自分でもできるかな? 個人事業主にとって、日々の経理は非常に重要になります。 しかし、経理といっ ...

続きを見る

個人事業主の確定申告

個人事業主にとって一番大変な手続きが確定申告でしょう。

ざっくりいうと、確定申告とは個人事業主などが正確に税金を納めるための制度になります。

毎年1月から12月までの所得(売上-経費)から定められた税率で所得税額を算出します。

それを原則として翌年の2月16日から3月15日までの間に申告して納税するのです。

このように書くと簡単そうですが、実際にはややこしい勘定科目の仕分けや償却資産、青色申告控除や各項目の複雑な計算式‥‥

代表

私には無理だ!

簿記の知識が豊富な方であれば分かりませんが、少なくとも手作業では私には不可能です。

会計freee」などの会計ソフトを使用する事をおすすめします。

事業用の銀行口座を開設しよう

bank banknotes bills business
Photo by Pixabay on Pexels.com

個人事業を始めるにあたり、事業用の銀行口座を開設しましょう

個人事業主になると、事業用の資金とプライベート用の資金を分けて管理しないとなりません。

事業用の備品や消耗品の購入費用、交通費や取引先との入出金、事務所等を借りる場合には家賃や光熱費などが経費でかかります。

それを個人用の口座で管理しようとすれば、事業用とプライベート用の区別が難しくなってしまうからです。

ゆう

予め口座を分けていた方が管理が楽になるね

事業用の口座はネット銀行がおすすめ

さて、いざ口座を開設するといっても、たくさんの銀行があります。

大きな都市銀行から地元の地方銀行や信用金庫、そして店舗をもたないネット銀行です。

ゆう

種類が多すぎてどこを選べばいいの?

もしあなたが将来的に銀行からの融資を受けたいと考えているのならば、地元の銀行でも良いでしょう。

地銀や信用金庫の方が、融資などの相談にも親身に対応してくれる可能性があるからです。

逆に、融資の必要がなければ断然ネット銀行がおすすめになります。

ネット銀行がおすすめな理由

ネット銀行は上記のように店舗をもたないので、地銀などに比べて運営のコストが抑えられています。

なので、その分ネット銀行の方が振り込みなどの各種手数料が低く設定されているのです。

更にネット銀行の場合、パソコンやスマホからでも簡単に振り込みなどの処理が可能です。

しかも原則24時間いつでも処理ができるようになるのです。

・引き出しや振り込みなどの手数料が安い
・パソコンやスマホから24時間処理ができる

代表

銀行に行かずにいつでも確認できるのは嬉しいですね

ネット銀行ならジャパンネット銀行がおすすめ

ネット銀行ならばジャパンネット銀行がおすすめです。

いまではネット銀行にもたくさんの種類があります。

その中でもジャパンネット銀行は一番老舗のネット銀行です。

安心の三井住友銀行グループなので、セキュリティの面でも安心でしょう。

更にありがたいのが、上記した会計reee」などの会計ソフトと連携してくれる事です。

例えば振り込みをした時や家賃の引き落としの際にも自動的に会計ソフトが記録してくれるのです。

経理が楽になるね!

年会費も無料で、申し込みもパソコンで入力して必要書類と一緒に郵送するだけです。

ジャパンネット銀行のメリット

各種手数料が安い
三井住友銀行グループで安心
・「会計reeeなどのソフトと連携できる

※ちなみに、個人事業主が事業用口座を開設する場合には、原則として口座名義は「屋号 個人名」となります。

「タナカショウテン タナカイチロウ」のような感じです。

ジャパンネット銀行はこちら

事業用のクレジットカードを作ろう